栃木県さくら市の自宅で自家製酵母のパン教室を開いています。(旧にわくま@自家製酵母パン教室)http://cerealesplus.web.fc2.com/

Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

**より**

Author:**より**
栃木県さくら市(宇都宮市より少し北)の自宅で自家製酵母のパン教室を開いております。HPはこちらへ。http://cerealesplus.web.fc2.com/

詳細はカテゴリ「自宅パン教室」からもご覧いただけます。

甘酒酵母・あこ酵母・とかち野酵母の焼き立てパンをお野菜たっぷりランチでいただく美味しいレッスンやってます♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント

★あこ酵母レーズン食パン

こんにちは。
GWに入りましたね。
今年のGWは祝日の並び方がもうひとつなので
後半が集中傾向にあるようですが、皆様どのようにお過ごしになるのでしょうか。
よいお休みになるといいですね。

さて、あこ酵母でレーズン食パンを焼いています。
rezunshoku01.jpg

実は、レーズンパン大好き。
でもレーズンが入るとパンって硬くなりやすいですよね。
だからきちんと下処理が必要です。
レーズンだけでなく、ドライフルーツをパンに入れる時には基本的に下処理をします。
(必要がないもの、意図的にしないものを除く)

下処理の方法もいくつかありますね。
湯で戻す、蒸す、ラム酒などに漬ける、などなど。
湯で戻すと糖分が若干出てしまいますが、簡単に下処理を済ますことができます。
蒸すのはちょっと手間がかかりますね。
でもふっくらと美味しくなります。ただ、蒸したらできるだけ早く使いたいですね。
また硬くなっちゃう。
ラム酒漬けもいいですよ~。ブランデーでも。

rezunshoku02.jpg

硬くなるのを防ぐために卵黄を入れるとか生クリームを入れるとか、
砂糖を多くするとか、いろいろな方法があります。

今回はあこ酵母レーズン食パンを2本焼き上げました。
配合はほぼ同じで、レーズンの下処理違い。

A)はレーズンの熱湯処理
B)は(A)より+10gの水とレーズンは簡単ラム酒漬け(2日間)

卵黄や生クリームは使用しませんが、砂糖はいつもの食パンよりも少しだけ増やします。

結果的にはB)の方がウマイ!
という感じ。
もちろん、+10gの水もあるのでしっとり感も(A)より高いのですが、
レーズンの下処理のおかげでのしっとり感もあると思うのです。
何よりも軽いラム酒の風味がついているのがいい^^

(A)は焼き上げて半日後にはちょっと硬くなってましたからね。
パサパサではないけど。
(B)は翌日でもまだしっとり感がありました。

以前に自然食品店で買ったレーズンパンがあまりにもパサパサで、
できるだけナチュラルに作ろうとしているはわかるのですが、
これって美味しいのかな?と疑問に思ったので
どんなに体に良くてもやっぱり「美味しい」ははずせないな、と思うわけです。
でもできるだけ余計なものは入れないようにしていますよ^^

あ!そうそう、プルマンにしているのも水分逃がさず焼き上げる工夫ですよ~。

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ


スポンサーサイト

テーマ : 手作りパン
ジャンル : グルメ

T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://yoripan.blog114.fc2.com/tb.php/1187-a62b7333


リンク
月別アーカイブ
☆ランキング☆
ランキングに参加しております。もしよろしければ応援お願いいたします。
アクセス
RSSフィード
最近のトラックバック
ブログ内検索
アクセス解析